残業未払いについて

時間外労働やサービス残業を防ごうとする傾向が見られる現在でも、これらは完全になくなったわけではありません。会社の風習として定着してしまっているために、誰もこのような事態に対して文句を言ったり、拒否をしたりできない実態があります。本来ならば、公の機関が厳しく取り締まるべきなのですが、すべての企業に公的機関が眼を光らせることは、残念ながら出来ていない状況です。ですが、誰かが声をあげることによって、状況が一変する可能性があることを忘れてはなりません。労働基準法がある以上、もし賃金未払いがあるならば、企業としては労働基準法違反をしていることになります。もし賃金が未払いだという確証があるならば、アクションを起こすことも必要です。たとえば、サービス残業について相談できる電話サービスがあったり、場合によっては、サービス残業の賃金を取り戻そうと動いてくれるNPO法人があったりします。このようなサービスや法人を上手に活用しながら、真面目に働いているのに賃金が発生しないという状況を回避して、快適な職場で働けるようにすれば、残業も必要なときには厭わないような会社になります。社員のためにも企業のためにも、改善できるところは改善することが必要です。

コメントは受け付けていません。